会社情報

  • Hans Superabrasive Material Co., Ltd.

  •  [Shandong,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー , サービス , その他
  • Main Mark: アフリカ , アメリカ大陸 , アジア , カリブ海 , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東 , 北ヨーロッパ , オセアニア , その他の市場 , 西ヨーロッパ , 世界的に
  • 輸出国:91% - 100%
  • 本命:GS, CE, ISO9001
  • 説明:柔軟なダイヤモンド砥粒エメリー紙,スーディングテキスタイル用の柔軟なダイヤモンド研磨トリップ,フレキシブルダイヤモンド砥粒紙
問い合わせバスケット(0

Hans Superabrasive Material Co., Ltd.

柔軟なダイヤモンド砥粒エメリー紙,スーディングテキスタイル用の柔軟なダイヤモンド研磨トリップ,フレキシブルダイヤモンド砥粒紙

86-533-3184402

ホーム > 製品情報 > フレキシブルダイヤモンド砥粒製品 > 柔軟なダイヤモンド超研磨ベルト > テキスタイルスーディング用シームレスダイヤモンドストリップが破損を解消

テキスタイルスーディング用シームレスダイヤモンドストリップが破損を解消

共有へ:  
    お支払い方法の種類: T/T,Paypal,Money Gram,Western Union
    Incoterm: FOB,CIF
    最小注文数: 10 Bag/Bags
    納期: 15 天数

基本情報

モデル: SDST

Size: 6900x75mm, 6700x75mm

Additional Info

包装: カートンボックス

生産高: 10000

ブランド: ハンス

輸送方法: Ocean,Land,Air,Express

原産地: 中国

供給能力: 100000

製品の説明


単層ストリップは熱に強く、伸びを防ぎます。切りくずの除去と冷却性能を最大限に引き出すための正確なダイヤモンドペレットの配置と濃縮は、垂直、水平、ドラム式のいずれの産業用機械にも適用できます。完璧な仕上がりと繊維のひずみを排除します。継ぎ目なしのダイヤモンド砥粒ストリップとファブリックスーディングマシン用のダイヤモンド紙(LAFER / CARU / UNITECH)、また縫い目での破損をなくし、ストリップ交換を中断することなく連続的なテキスタイルスイング生産を可能にします。ストリップは交換が必要になる前に完全に磨耗するため、予測可能な性能と生産性が向上します。私達が私達のダイヤモンドのsuedingの研摩剤に合うことができる多くの機械類があります。機械名はアルファベット順になっています。ブロマ、カル、ユニテック彗星、カーティン=ヘバート、ダンティ・パオロ、ヘイニング、HASラファーターク、ラファー、ランペティ、リサ、マリオ・クロスタ、MCS、メンバー、サンワ、スペロット、サッカー・ミュラー、 Xetmaイタリア人がいくぶん市場を支配しているので、大胆な名前ははるかに世界で最も人気があります。布地散布機用エメリー紙/ダイヤモンド紙(LAFER / CARU / UNITECH)

CONTINUUM T-STRIP 3 x 264 400 G

CONTINUUM T-STRIP 3 x 264 220 G

連続Tストリップ1900mm x 230mm 400G

連続Tストリップ1900mm x 230mm 220G

G220&G400(ジョイントあり、ジョイントなし)

利点: - エメリーペーパーはよく混ざっています - 耐久性と長寿命、機械を止めるための時間を減らしますあなた自身のサイズに合わせて作ることができます!

超砥粒播種の利点:利用可能なグリット:220、400、600利用可能なサイズ:3 "x 264"および75 mm x 6900 mmおよび1900 mm x 230 mmすべての主要マシンと互換性があります。フィッティング:あらゆる縦型、横型、またはドラムマシン精密なスペースダイヤモンドペレットの配置と集中により、切りくずの除去と冷却性能が最大になります。最大25%のスループット向上でダウンタイムを短縮完璧な仕上げを実現し、蓄積による繊維ひずみを排除


Seamless diamond abrasive strips

製品グループ : フレキシブルダイヤモンド砥粒製品 > 柔軟なダイヤモンド超研磨ベルト

この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
MIN DU Mr. MIN DU
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する