会社情報

  • Hans Superabrasive Material Co., Ltd.

  •  [Shandong,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー , サービス , その他
  • Main Mark: アフリカ , アメリカ大陸 , アジア , カリブ海 , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東 , 北ヨーロッパ , オセアニア , その他の市場 , 西ヨーロッパ , 世界的に
  • 輸出国:91% - 100%
  • 本命:GS, CE, ISO9001
  • 説明:超研削精密切削,超研磨砥石研磨,超研削砥石,プロファイルされた超研削砥石,フレキシブルダイヤモンド砥粒,
問い合わせバスケット(0

Hans Superabrasive Material Co., Ltd.

超研削精密切削,超研磨砥石研磨,超研削砥石,プロファイルされた超研削砥石,フレキシブルダイヤモンド砥粒,

86-533-3184402

ホーム > 製品情報 > 電気めっきされたダイヤモンド製品

電気めっきされたダイヤモンド製品

電気めっきされたダイヤモンド製品の商品categorieに、我々は中国からの専門メーカーであり、超研削精密切削に、超研磨砥石研磨のサプライヤー/工場、卸売高品質製品は、超研削砥石のR&Dと製造は、我々は完璧なサービスと技術サポートアフター。ご協力を楽しみにしています!
は中国 電気めっきされたダイヤモンド製品 サプライヤー
超研削砥石は、精密研削、精密切削、精密研磨、精密穿孔に使用される工具で、 柔軟なダイヤモンド砥粒のように使用されます。超研削材は、超研削砥石、切削ベンド、掘削ビットを作るためにホイール、ブレード、ドリルに取り付けられます。その比類のない硬さ、比類のないパフォーマンス、そして長寿のためです。
超研磨剤とは何ですか?
工業用ダイヤモンド:工業用ダイヤモンドは、研磨材、切削工具および掘削工具用の非宝石質の小さなダイヤモンドです。
立方晶窒化ホウ素(CBN):通常はCBNと呼ばれ、ダイヤモンドの後に二番目に硬い切削工具材料です。
多結晶質:個々の配向を有する結晶粒構造の多重集合を有する研磨材料である
CVDダイヤモンド:これらは、化学蒸着として知られているプロセスによって作られた合成ダイヤモンドである.CVDダイヤモンドは、炭化水素ガス混合物から成長する。彼らは非常に硬く、銅の5倍の高い熱伝導率を持っています。それらはまた、ブロードバンド光透過性を有し、化学的に不活性であり、非常に高い温度でしか黒鉛化に至らない。
ナノダイヤモンド:これらの小さなダイヤモンドは制御された爆発の産物です。デトネーションナノダイヤモンド(DND)や超分散ダイヤモンドと呼ばれることもあります。
超研磨剤を使用する産業
多くの産業で超砥粒研削砥石が使用されており、研摩材業界のコーティングされた研摩材サブセクションも成長を続けています。超砥粒研削砥石の主要な購入者である産業は、
Aerospace
Jewelry
Aluminum Mills Leather Tanneries
Automotive Machinery
Bearings Marble
Boat Building Medical Instruments
Brick & Tile Metal Fabrication
Broaches Metallurgical Labs
Ceramic Products Motor Vehicle Parts
Construction Oil Field Equipment
Contract Machining Paper Mills
Copper Mills Plastics
Cutlery Precision Gages
Cutting Tools Railroad Equipment
Dental Equipment Rubber
Forest Products Saw Blades
Foundries Ship Building
Gears Springs
Glass Products Steel Mills
Golf Clubs Valves
Granite Welding

超砥粒の利点
超砥粒研削砥石の利点は、比類のない硬度、比類のない性能、長寿命以上のものです。スーパーアブレシブのこれらの3つの機能は、通常の研磨剤では実現できないサービスの集約によって、メーカが得られる多くの利点の中核です。
これらには、
安価な金型と固定費
スピンドルのホイールが増え、ホイールが小さくなり、複数の操作が可能
製造に必要な床面積の削減
ホイール摩耗の仮想排除
自動化されたCNCマシン、少ない労力で、より少ないトレーニング
パーツからパーツまでの一貫したサーフェス速度
必要な機械数を減らして全体のスループットを向上
改善された材料除去速度、パーツ当たりの砥粒コストおよび高速化
超砥粒加工では、自動化されたCNC装置によって生産量が増加しましたが、産業界は熟練労働力の不足を補う方法の1つを見つけました。必要な機械が少なくて済み、従業員数も少なくて済みます。超砥粒CNCを使用すると、機械機能と機械化を使用して製造プロセスを定義することに自動化が関心を集めています。オペレータの技術にはあまり関心がありません。自動ローダーと組み合わされた、適切に定義されたプロセスは、ほとんど稼動している機器のためのものです。
業界の展望
砥粒産業の将来の成長は、主に超砥粒になるでしょう。現在、超砥粒の研究開発は以下の分野で行われている。
カスタムデザイン[ますます多くの産業で材料を研削するのが難しい
クリープまたは深いフィード研削
硬化鋼の高速・高性能研削
高精度、高除去性、高表面品質のアプリケーションで、場合によっては電気メッキを使用して、フォームグラインディング
ライン研削盤のCNC制御
スーパーアブレシブによる他の研磨技術の開発は、ダイヤモンドホイールに対するコーティングの最良の結合のためにCVDを使用する際に起こりそうである
サプライヤーと通信?サプライヤー
MIN DU Mr. MIN DU
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する